IPO株で大儲けするには

IPOで新規公開した会社の株価が急騰する場合が多く、抽選でIPO株を手に入れていた人が大儲けをしている。今まで株で損した方もこれからご紹介していくことを参考にして株を楽しくやってみましょう。

IPO株は儲けやすい株式投資

IPO株とは新たに市場へ上場した株式を指します。今までは証券取引所で買うことのできなかった株式を買えるようになるのですが、その最初の段階で買うことができるのがIPO株です。誰よりも早く買うことができますから、上場して欲しい企業がある人ならチェックしておきたいところです。

早く買うことができると言うことがメリットなのではなくて、儲けやすいと言うことがIPO株のメリットです。IPO株は公募価格を決めて買うことになります。そして、市場で取引が始まると、初値(最初に取引される価格)が形成されます。初値は公募価格よりも高くなることが多く、そのために市場で取引された瞬間に利益が発生するわけです。

たとえば、30万円くらいの公募価格のものが170万円ものは常で取引されたケースもあります。もちろんですが、初値が公募価格を下回ることもありますから絶対に儲かるというものではありません。ただ、かなりの高確率で公募価格を上回りますから、設けやすいと言っても良いでしょう。

どれくらいの割合で儲かるのかと申しますと、これは時期によっても異なりますから、2014年の例を挙げたいと思います。2014年には77社が新規公開しましたが、そのうち59社が公募価格を上回りました。その利益はどれくらいになったのかと言いますと、最も高いものが309%です。公募価格が800円に対して、初値が3275円もの価格がついたのです。マイナスになったものもあって、2300円の公募価格に対して1830円の初値のものもありますから、絶対にもうけら得るとは言いませんが、かなりの確率でもうけら得ると言うことが分かります。そのために人気があるのです。