IPOで新規公開した会社の株価が急騰する場合が多く、抽選でIPO株を手に入れていた人が大儲けをしている。今まで株で損した方もこれからご紹介していくことを参考にして株を楽しくやってみましょう。

新規上場のIPO銘柄の株を買うには

株式市場に新規上場してくる企業というのは注目度も高く、特に初値にたいする関心というのは市場の大きな注目の的となっています。
注目を集めるということはそれだけ、株価も高くなりやすく動きやすいものとなりますから、新規上場してくる銘柄というのは公開価格で手に入れることができればそれだけで大きな利益を期待することができます。

それでは新規上場してくる企業の株を買うにはどうすれば良いのかということですが、上場前にはブックビルディングと呼ばれるものによって需要の申告があり、ここでまず最初のIPOの申し込みが始まります。
この段階ではまだ正式な購入の申込ではなく、このぐらいの金額であればこのぐらいの枚数を購入したいという意思を示すものとなっていてブックビルディングに参加をしたからといって、必ずIPOを購入しなければならないということにはなりません。
ブックビルディング期間が終了すると、需要によって抽選が行われることになり申し込みが殺到すればそれだけ取得をするのが難しく、逆に募集した数に対して申込の数が少なければほぼ確実に誰でも購入をすることができるということになります。
この段階で購入をすることができる状態になった時には、購入の意思決定を問われることになり購入の意思を示せばIPOを購入することができ上場日以降に売買をすることができるようになります。
購入は強制ではないので地合の悪化などによって公開価格を割れる恐れなどがでてきた場合には、購入をしないという意思を示すことによってキャンセルをすることができます。
また、購入の意思決定は期間が決まっているのでこの期間内に意思表示をしない場合もキャンセルとして扱われます。